サーフボード Crystal Dreams - クリスタルドリームス

赤羽裕介・宏之

シェーパー
赤羽裕介

赤羽裕介

現在も現役のコンペティターとして国内のコンテストを始め、多数の戦歴を残している赤羽。
日本国内だけにはとどまらず積極的に海外へ足を運び、多くの波にチャージし、様々な経験をしてきた。
オーストラリアではサーフィン留学との名目で SURFBOARD と波乗りを追及し、何十本という BOARD を試し、ハワイでもその経験を生かした。
サーフィンでの仲間を通じた友人であり、世界でも TOP の Shaper との出会いにより、数多くのマジックボードを手にした。
マジックボードに出会う事は容易な事ではなく、シェイプにたち合わせてもらい、自分好みの型、SURF STYLE を細かく理解してもらいコミュニケーション取ってのマジックボードも数多くあった。
常にサーフボードに敏感だった赤羽は、そこで得た知識、感性を生かし自分で作りたいと思う様になり、自らシェイプを START。
ベテラン Shaper の支持や、特に友人であり師匠である TOKORO からは多数の事を学び、彼の周りにいる TOP アマ、PRO サーファー達にテストを繰り返してもらい、フィードバックをもとに BOARD を製作している。
彼の作る自由な発想やデザインはとても高い評価を受け、これからも変わりなく BOARD を追求し続けていく赤羽。ビギナーから上級者の SURFER が納得するサーフボードを一本一本丁寧にシェイプしていく事を約束します。

シェーパー
赤羽宏之

赤羽宏之

AKABAの弟、宏之。

サンディングマンとして Factory の仕事を9年やってきた後、AKABA の指示の元、5年間 Shape を学び修行してきた。
その間、AKABAが経験、取得してきたもの全てを教わり、そして吸収した。

Shape の技術も安定しており、Team Rider、Pro Surfer のフィードバックを SurfBoard デザインに反映することに集中してきた結果、『Surfer の要望を忠実に再現できる Shaper』としての評価を得られるほどに。

兄とは違う独自の感性で、スムーズ&スピーディーをコンセプトにした次世代のボード作りを目指しています。

crystaldreams.jp